研究代表者 多田千佳
[所属]    東北大学大学院農学研究科 准教授
[専門]    環境微生物、有機性廃棄物処理
[担当テーマ] テーマ1,テーマ2,テーマ4
[これまでの研究内容]
 畜産排泄物、排水処理、富栄養化湖沼、有機性廃棄物からのバイオマスエネルギー生産に関する研究をしてきた。
[本研究プロジェクトへの意気込み]
 メタンガスは、ウシのゲップや田んぼからも発生するガスで、これらは嫌気性微生物によって行われている、極めて自然な現象である。メタンガスは、エネルギーガスであり、この微生物の力を借りて、私たちが廃棄する生ゴミ、糞尿からエネルギーを取り出すことが可能である。それにも関わらず、これまでのメタン発酵は、エネルギー収支をプラスにするために大規模化し、よって、莫大な投資が必要であった。わたしは、この自然なエネルギー生産のしくみを、より多くの人に手軽に利用してもらいたいという思いで、本プロジェクトを立ち上げました!皆様、よろしくお願いいたします。
d0240669_10481561.jpg

 
[PR]
by onsenmethane | 2011-06-28 10:54 | 研究メンバーと協力者

環境省環境研究総合推進費、文科省の復興予算を受け、観光地から出る食べ残しや生ゴミを温泉熱を利用したメタン発酵を用いてエネルギー生産し、足湯場にガス灯を点すプロジェクトです。鳴子温泉でやっています。
by onsenmethane
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る